仮想通貨の暴落!仮想通貨バブルが崩壊って本当だろうか?

ビットコインバルブ崩壊!?

仮想通貨が暴落してニュースで取り上げられたり、連日新聞を賑わすようになりましたね。


まあなんというか、不安を煽る書き方ばかりでなんともかんとも・・・という感じですね。

仮想通貨はまだまだはじまったばかり。

これから整備されていく部分が多いでしょうから登録制になるとか、多少の規制が入るとかは織り込み済みなんじゃないでしょうかね。

そもそも世界中に分散しているブロックチェーンの取引を全面禁止なんてできるわけない。

上の新聞記事を見ると「日本:取引所が登録制に」ってまず日本は全然問題なくないですか?

中国の規制の話だって9月にも出ているし、今に始まったことではありません。

仮想通貨は株式市場のように「ストップ高」「ストップ安」のように値幅制限がないからよけいに変動が大きく、「儲かった」「損した」の側面で見られがちです。

リスクはしっかり見極めつつしっかり運用したいですね。

 

仮想通貨はようやくスタートラインに立てたばかりじゃないかと思います。

まだ実経済で使われているケースは少ないし、開発段階のものばかりです。

これが実際に使われるようになったらすごいことになるんじゃないですか?価値も評価も。

 

今回の暴落は底値を固めてさらに上へ行く儀式的な意味合いなんじゃないかと勝手に考えています。

 

毎日の小さな努力の積み重ねが大きなパフォーマンスを生み出す

高校生で億り人(※注)とか、夢があるじゃないですか。

※注:仮想通貨取引で1億円の財産を築いた人

今の若い人は本当に優秀な人が多くて、教えられること、気付かされることがたくさんあります。

高校生で億の資産を稼げるのもちゃんと時代のトレンドを見極めて動いてきたからこそですよね。

単に運だけではないと思います。

 

最近本当に思うんですが、お金があればやりたいことがどんどんできて人生楽しいと思うんです。

別にバブリーな生活をしたいというわけではなく、得た資金で工作機械を購入して新しい作品をつくるとか、人を笑顔にできるサービスとか、いろいろチャレンジングなことができるようになると思うんです。

お金をかけずにというのもいいんですが、お金をかけてよりいいものを作る。

ただ「のほほん」とサラリーマンしていたらわからなかった感覚だったと思います。

 

僕は昨年「手取り収入1000万円」をまず目標にしたんですが、この1年いろいろな経済の仕組みに触れてなんて小さい目標だったんだと思い知らされました。

家族6人養うことばかり考えていたのですが、それはあくまでも最低限で、そこからさらに何をしようかと今では考えています。

資産を築くのは当然として、いままでお金がなくて我慢していたことができるようにギアを入れ替えて行きたいと思います。

そして仮想通貨を実際に使えるシーンを自分たちでも作っていければすごくエキサイティング。

頭のなかで考えただけでもワクワクします。

・・・といいつついまだにJPYマイニング(=サラリーマン)に甘んじて毎日ヒーヒー言ってますけどね(笑)

 

それでもいままで会社が終わったらただゴロゴロしてテレビを見ているだけの生活から、毎日少しずつでも何かをやっていくことでたった1年でも大きく変わってきました。

堀江さんの「小さなイチを足していく」ことの重要性はホントだったんですよ。

 

僕もまだまだスタートしたばかりですが、リスクヘッジはしつつどんどん攻めていきたいと思っていますよ。

 

あれ?ビットコインバブル崩壊?のつもりが自分の思うこと書いてしまった(笑)

まあ、仮想通貨のポテンシャルはこんなもんじゃないですよ。

億り人のその先を目指して頑張りましょう~!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Follow me!