にんにくは一粒で二度おいしい。場合によっては三度おいしい。

にんにくが絶賛成長中です!

今年初めて挑戦しているにんにく。

順調に育っています。収穫まであと少し。

このにんにく、地下茎を食べるだけではなくて、地上部も楽しめるんですね。

俗に「にんにくの芽」と呼ばれる上の細い部分。

これが歯ごたえといい味といいオイシイんです。

切ってみると切り口からはふんわりにんにくの香りがする汁がでてきました。

このにんにくの芽、伸びて頭がだらんと下がるころが採り頃なんだそうです。

そして頭のねぎぼうずみたいなところ、ここは天ぷらにするとオイシイんだとか。

え?まって!

つまり・・・

にんにくは3度楽しめるってこと!?

なんとまあコスパの良い食材なんでしょうね。

いままで全然知りませんでした。

この時期他人の畑をついつい凝視してしまうのですが、結構にんにくって作っているお宅多いんですね。

いままでネギだと思っていたものがにんにくだと知りました。

これも自分で作っていればこそですね。

 

そして肉野菜炒めに

早速にんにくの芽を肉野菜炒めに。

コリコリとした食感がステキです。

そしてふんわりと香るにんにく風味。

でもそれほど臭くなるわけでもなく。

 

レタスも畑でとれたもの。

そして玉ねぎもフライングして畑でとれたもの。

自分で作った野菜が食べられるって幸せですね。

あとは・・・肉か・・・(笑)

 

でも豚はムリでも鶏はいつか飼ってみたいんです。

野菜くずを餌にして卵が採れる。

いざとなったら肉もとれる。

スーパーでキレイにパックされたものを当たり前のように買っていますが、やっぱり原点を知っておくべきだとも思うんです。

生きる基本となる「食」のプロセスをもっともっと知っておくのって大事だと思っています。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Follow me!