さやえんどうが伸びてきたので棚をつくってみた。

さやえんどう。

秋の終わりに種を蒔いて、冬を越し、春になるとぐんぐん大きくなります。

冬の間は小さくなってじっと這いつくばって生えているんですけどね。

ここ数日でこんなに伸びてきました。

 

このままだと蔓がどんどん横に倒れてしまいますので棚をつくりますかね。

イボ竹を両側に建てて一本横に渡します。

クロスバンドがあると固定がカンタンですね。

 

 

 

そして最後は稲わらを上から垂らします。

これ、実は毎年苦労していまして、ゆるくとりつけると風でワラが少しずつ紐の隙間から落ちてしまったり、だいたい等間隔で並べていたワラが片方に寄ってしまったり。

今年はハゼかけスタイルでやってみることにしました。

まずはワラをぐるぐると巻いたあとに半分に割り、その股の間に紐をきつく通します。

その後イボ竹にきつく両側それぞれに縛ります。

これだけ縛ればきっと風でもうごくまい。

 

翌日、すでに蔓がワラに絡みついていました。(わかりにくいw)

これであとは実がなるのを待つのみ。

早く大きくなって花咲かないかな~♪

 

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

Follow me!