ずくとら。ずくを出してトライする。
ものづくり・DIY

食洗機のスイッチをウッカリ押し防止!~ 3分でできるオリジナルスイッチカバーの取り付け

食洗機、便利ですね

食器洗い洗浄機って使い出すとやめられませんね。

あんまり家事をしない僕が言うのもなんですが、家事の中でも食器洗いがホントに嫌いで仕方がないので食洗機というのは素晴らしい発明なのだと心の底から思っています。

贅沢を言うならシンクに皿やコップを置いたら勝手にアームが伸びてきて自動で食洗機にセットしてくれるとなおいいんですが・・・。ドラえもん、そんな道具出して~。

我が家はビルトインタイプの食洗機を使っていますが、一つだけ不満がありまして、それは・・・

食洗機が動いている途中で腰のあたりがウッカリスイッチに触れ、食器洗いが止まってしまう

というケースが頻発していること。

スイッチが少し出っ張っているのでちょっと触れただけで押してしまうんですよね。

乾燥途中ならまだいいんですが、洗っている最中に押して電源を切ってしまうとまた最初からつけないといけなくてこれが結構ストレスフル。

いやむしろ、このデザイン「欠陥じゃね??」と思ってしまうレベルです。

スイッチカバーをDIY

あまりに頻繁にスイッチに触れてしまうのでアタマに来ました。

カバーを作ればいいじゃない♪

スイッチ部はそれほど広くないので、細長く、それでいてそれなりの強度のあるものでカバーをしてやらなくてはいけません。

どうしたもんかと思っていたら・・・おっ!いいもの発見!!

工具箱の中に入っている中仕切りがサイズちょうど良さそうダゾ!!

・・・というわけで中仕切りを一つ取り出し、たまたま家にあった蝶番と強力両面テープを用意。

まずは蝶番に強力両面テープをつけて・・・

中仕切りにくっつけます。

That’s all!

超カンタンすぎてDIYと言うのも気が引けるレベルです。

早速取り付けてみた

早速食洗機に取り付けてみましたが、これがまた

純正のカバーじゃないの??

というくらいサイズがぴったり(笑)

どうですかこのフィット感。

蝶番なので、カバーを持ち上げるとスイッチがでてきます。

カバー自体も薄いので台所での作業に邪魔になることもない。

なんだ・・・完璧ではないか。

 

実際に食洗機の前に立つと腰のあたりでウッカリボタンに触れてしまうのをしっかりブロックしてくれていました。いい仕事してます。

これで食洗機の使い勝手が飛躍的に(?)向上すること間違いなし!!

実質作業時間3分でしたがいい仕事できました。

食洗機のスイッチにウッカリ触れてしまうケースって多くないのかなあ?

これ、メーカーでもしっかり考えて欲しいと思います。

(・・・といいつつすでに購入から10年経過しているので今は対策されているのかなあ)

 



にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村