映画祭でバナナの叩き売り風にモノを売る楽しさを覚えてしまった・・・。

芸術館で開かれた「まつもと子どもたちの映画祭」にジャグリングクラブで参加。

ジャグリンググッズの販売とワークショップ(体験会)は大盛況でしたよ。

 

映画祭、というだけあって映画を上映する前後のワークショップなので人が「わっ」と集まってきて「サーっ」と引いていくのがなかなか難しかったですね。

長い時間人が滞留しているわけじゃないのでみんなちょっとやってすぐ他に行ってしまう。

 

そんな中ゆるキャラたちもきてくれました。

あの着ぐるみ来てけん玉やるのは至難の技だと思う。

技ができなかったらできなかったでコミカルにごまかすゆるキャラの強さも見た!

 

お昼はシエルさんのパン。

もうパンがまた絶品で。

朝のうちはできたてでいい匂いを漂わせていたのでもうたまりませんでしたね。

できたて食べたかったなあ・・・。

 

今回はしょうちゃんとあけっぱなしおばけの作者、トッチさんもサイン入りの絵本を持ってきていたのでしっかり展示。

先日ネットで買った本にもしっかりサインも描いてもらいましたよ。

 

この絵本を売るために声がけしていたのですがイマイチ反応が悪い。

そこでけん玉の技を見せて注目を浴びたところで絵本の紹介をまくし立てる、という方法を考案。

これやり始めてからは興味持ってきてくれる人が少し増えた気がするなあ。

そうなるともう楽しくなってしまうわけで、汗だくになりながらパフォーマンス→口上を述べて絵本販売というプロセスを延々と。

バナナのたたき売りみたいでなんだか楽しいんですよ。

モノを売るためにPDCAを回して工夫する、というのは楽しい。

その回し方が正しいのか、というところは置いといて、やっぱりモノを売るっていいなあ。

いろいろ考えさせられた映画祭でしたよ。

 

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

Follow me!