ずくとら。ずくを出してトライする。
思うこと

いつも怒っている人に振り回されない考え方。

いつも他人を攻撃ばかりする人っていませんか?

話をするとなにかにつけて自分のことを攻撃する人っていませんか?

だいたいにおいては自分だけではなくて、まわりの人に誰彼となく当たり散らす。

「これはこうするのが普通なんじゃないんですか」とか

「普通はこういう風にしてくれるもんじゃないの?」とか

とにかく厳しい口調でわめき散らすんです。

聞いている本人としてはもう正直、「めんどくさい」。

「普通○○」という人に限って、ただ自分の思い通りにならないからわめくんですよね。

しかもその思い通りというのも言われた相手からすると理不尽なものが多い。

「なんでそこまで言われなきゃいかんのだ」という怒りに近い感情が起こりますが、それを言うこともできずに悶々としてしまう。

 

そもそも当たり散らす人は誰でもいい

当たり散らす人の対象は誰でもいいんです。

とにかく自分の正当性を訴えて相手を貶める。

もっともらしい理由や常識を並べ立てて話し続けることで言われた相手も何も言えなくなり、気の弱い人なら自分が悪かったようにさえ錯覚してしまう。

 

 

ただ、最近そんな人に当たり散らしてばかりいる人を観察していてあることに気が付きました。

 

当たり散らすのは自己肯定感の薄い人

当たり散らしている人を何人か観察していると、表向きは強がっているが内面ではメンタルが弱い人が多いんです。

それは自分の役職であったり、リーダーシップであったりと「自分がしっかりして引っ張っていかなくちゃ」と過剰に考えている人にそういう人が多い。

そういう人に限って結構リーダーシップがなかったり、人から慕われていなかったりなので余計に「強い自分」を演出したくなるんでしょうか。

おかしな論理を振りかざして当たり散らすので余計に周りからは疎まれ、相手にされなくなるのでさらに強い自分を演出しようとする。

もう完全に負のスパイラルですね。

自分でも自信がないから人にそれ以上のものを求めようとするから何もかも気に入らなくなってしまう。

そのために常に当たり散らすのが普通になってもう完全に「めんどくさい」人間になってしまいます。

 

当たり散らす人は「自分に自信がないかわいそうなひと」と思え

何かいろいろ言われたらまずそのまま額面通りに受け取らないこと。

実際いろいろ言う人って「おまえが言うな!」っていうケース多くないですか?

できないのに人に求めたり、自分も同じことをやっているのに人にはダメだと言ったり。

自信がない人に何言われても「ふ~ん」で終わりますよね。

自信がないのを「怒り」を隠れみのにすることでカモフラージュしているだけなんだから。

 

つまり

かわいそうな人

なんです。

 

立派な人、人格者はどんなことでも大きな包容力で受け止めるし、何かトラブルがあったら先頭きって助けてくれますよ。

細かいことばかり気にしてなにもできない小さな人に振り回されるのは本当にソン。

何かグタグタ言われても「あー、この人また自分に自信がないからこんな事言う~。かわいそうな人だなあ。」とココロの中で思ってしまいましょう。

理不尽な物言いにムカムカするときでもかなり気持ちが楽になりますよ。

かわいそうな人に振り回されないでもっと建設的なことに時間を使いましょうね。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村