ずくとら。ずくを出してトライする。
マネー

ビットコインを始めとした仮想通貨(暗号通貨)が面白い

コインチェックで仮想通貨(暗号通貨)取引をはじめました

先日のブログでも書きましたが、Coincheckという仮想通貨(暗号通貨)の取引所で取引をはじめました。

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

そもそもビットコインとか仮想通貨とか暗号通貨とかなんなの?という状態です。

僕もさっぱりわからなかったので勉強したことをメモがてら書いていくと、すごく大雑把に言って「ビットコイン」や「イーサリアム」などの通貨を総称して「仮想通貨(暗号通貨)」というんですね。

一般的な通貨(つまり自分たちが昔から知っている通貨)は紙幣やコインなどの実物が存在し、その価値については政府や中央銀行が担保しています。政府や中央銀行などの中央機関を介さず、また、P2Pネットワーク上で取引が行われる(セキュリティ面で暗号が使われている)通貨を一般的に「仮想通貨(暗号通貨)」と呼びます。

よく名前の聞く「ビットコイン」はその仮想通貨のひとつで、2009年最初に取引された仮想通貨ですが、少し前のマウント・ゴックスという取引所の破綻事件からネガティブなイメージを持つ人が多いようです。ビットコイン以外の仮想通貨については「アルトコイン(Alternative Coin)」と呼ばれています。

仮想通貨の数は数百から数千とも言われ、かなりの種類のコインが出回っているようです。今後Amazonなどの大手が通貨を発行してくることも考えられるのでさらに種類は増えていくでしょうね。


相場を見ていると株式市場なんて目じゃないくらいにものすごく変動が激しいのではっきりいってちょっと怖いんですが、向学のために少し僕も保有してみようと思ってコインチェックに登録。ビットコインや他のアルトコインを少額ずつ買っています。

ビットコインについては下記のサイトにいろいろ書いてあるので一度読んでみると難しいことも書いてありますがふむふむとなりますよ。

ビットコイン日本語情報サイト

 

仮想通貨はどういった場面で使うのか

ビットコインなどの通貨を保有したとして、じゃあいったいどこで使えるんだよ!というツッコミが入りそうです。

アルトコインはどちらかというといまのうちに保有しておいて今後の動きを見る、という意味合いが強そうですが、ビットコインは日本国内でもどんどん使えるようになってきています。

先ほどのビットコイン日本語情報サイトを覗いていみると、ビットコインの使えるお店が一覧になっています。

 

 

なんと我が長野県にも使えるお店がありました!(ひとつだけでしたが・・・)

 

将来もっとコインが身近になってくると思いますので、いまのうちに保有しておいて勉強しておくのも悪くないかなと思っています。

あわよくば価値がどんどんあがって投資金額以上のリターンが期待できるかもしれませんしね。

 

アルトコインはいまのところあまり使いみちがなさそうですが、いろいろな企業がその技術を採用していく流れを見ると先は明るいのかなと思っています。

何にしてもこれはガッツリ勉強する価値がありそうですね。

まだあまり普及していない段階で知識を蓄えておけば当然アンテナも高くなって情報がどんどん入ってきますし、良いことがあるのではないかなと思います。

 

でも、余剰資金での運用は鉄則

仮想通貨のチャートを見てみるとわかるんですが、値動きがものすごく激しいんです。

ずっとチャートに張り付いていると得した!損した!ばかりが気になってとても平常心を保てません。

余剰資金を少し入れてみて、あとはたまに状況を見るくらいのほうが良いのではないかと思います。

僕も値が大きく下がった時に少し買い足しましたが、基本放置です。

デイトレードなんて間違ってもやりたくありません。心臓に悪すぎる。

あとは余剰資金が生まれるたびに少しずつ買い足していければいいなと思っています。

さて、もっと勉強しよう。

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村