カルチャーけん玉教室4月~トランク破壊・・・そして鹿の角。

また寒くなった信州の春

暖かい日が続いて桜も一瞬で満開になったかと思えば折からの強風でみるみる散り、そしてまたまた寒さが戻ってしまった信州の春。

ウッカリ薄着で来てしまったら寒いこと寒いこと。

 

けん玉の仕事で大切にしている革のトランクの取手がいきなり壊れた・・・。

いつも(けん玉ばかり)重い物入れすぎなんですよね。

切なすぎる。

これ、直す方法あるんだろうか・・・。

自分でも結構気に入っていて、あちこちでトランクのことを褒められるのでどうにかして直したい。

 

鹿の角けん玉の依頼があって製作した

実は今回生徒さんから鹿の角けん玉の依頼があって作って持っていった。

とある知人からのルートで手に入れた鹿の角。

 

ネットでも買えるの知らなかった・・・

 

ここに玉をつけて製作。

鹿の角にはドリルで穴を開けて通してみた。

なんともシュールなオブジェに・・・。

自分で使うのとお友達にあげるのだそうだけど、まさか依頼をいただくとは思わなかった。

これ、世界に一つのけん玉になるのでいいですね。

もっと作ってみよう。

需要あるのかなあ・・・(笑)

 

基本技の練習のはずがテレビで見たあの技をやりたいと!

話戻ってカルチャーでは基本技をやっていたのだけど、生徒さんの1人が「紅白で三山(ひろし)さんがやっていた技ってどんなの?」という質問。

 

からの~

 

ずーま大皿という技をまさかのカルチャーで教えることになった。

いや、初心者には難しいよ・・・と思いつつ。

 

それでも5名の生徒さんのうち、1名が成功。

いや、それでもちょっと難しかったよね・・・。

脱線してすみません。

 

いつも脱線してばかりの僕のけん玉教室なので、毎回いままでやったことのなかったことを突如としてやることが多い。

生徒のみなさん、ついてきてくれてありがとう。

 

次回は6月。

またがんばりましょう。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Follow me!