ずくとら。ずくを出してトライする。
子育て

2018年子供への心に残るクリスマスプレゼントは成功だったのか 

クリスマス、サンタさんは来ましたか?

今年もクリスマスというイベントが終わり、2019年まではもうすぐですね。

今年のクリスマスプレゼントは「物理的に残るもの」よりも「記憶に残るもの」と考えて、アクティビティを体験するクーポンを取り入れてみました。

あわせて読みたい
子供へのクリスマスプレゼントを考える ~ 物理的に残るものより記憶に残るものクリスマスが近づいてきましたね クリスマスが近づいてきましたね。 我が家は子供が4人いるのでクリスマスプレゼントが悩みの種。 ...

こちらは手づくりのクーポン。テキトーに素材引っ張ってきて、テキトーにレイアウトして封筒に入るサイズで作ってみた。内容はツッコミどころ満載だけど気づかれなかった(笑)

やってみてわかったこと

クーポンはインクジェットプリンターで「写真用紙」にプリントアウトし、封筒に入れておいたのですが、これだけだと

サビシイ。

そう、あまりにも嵩(かさ)がないのでプレゼントが淋しいんですよ。

そこで

嵩を増やすためにお菓子を袋に詰める作戦(長い)

を決行。

袋にかさばるお菓子を詰めて、そのスキマにクーポンを入れておきました。

やっぱりボリュームがあるとないとでは気持ちの盛り上がり方が違うようです。

早朝のドタバタで目覚める

まだ真っ暗な朝4時すぎ。

ドタドタと階下に降りていく子供たちの足音。

ネボケマナコで下に降りていくと「プレゼント来てた~♪」と朝からテンション高い女子二人。

こっちは眠すぎて目が思ったように開かない・・・たのむ、もっと寝させてくれ。

長女にはパン作り教室のクーポンをお菓子とともに入れておいたのですが、最初はクーポンに気づかず、「お菓子しか入っていなかった・・・」と切なそうな顔。

ようやくクーポンを見つけたもののいまいちピンとこないようでしたが、しばらくしてジワジワと喜んでくれた。そりゃあスマホとか欲しいよね。(まだ買わないけど)

 

次女へはたまごっちかキッズケータイと言っていたところへポータブル卓球セットをプレゼント。

お菓子を入れた袋と箱を分けておいたので「2つも来た!」とテンション高め。

そうか、プレゼントを分けると2つ以上もらえたとお得感あるんだな(笑)

開封式が終わった所で子供たちをなだめて一旦寝させ、通常の時間に再度起こしました。

(※男子組はずっと寝てた)

卓球セットは当たり

本当は卓球台が欲しかった(自分が・・・)のだけど、置く場所もないし今回はポータブル卓球セットでガマン(自分が)。

すべてがクーポンだとなんとなく淋しいので一番下のムスメだけは物理的なものにしてみました。

卓球もやりたいと言っていたので割とすんなり受け入れて早速遊び始める。

これ、ネットが巻取り式になっていてどんな幅の机にもフィット。

よほど変な机でない限り机がまたたく間に卓球台になります。

やはりみんなで一緒に楽しめるものは良いですね。

朝の忙しい時間でしたが結構楽しんで盛り上がっていました。

毎年おもちゃにしていたけど数回使ってすぐ飽きることが多く、そのままゴミになることが多かったので今年は変えてみてよかったなあ。

子供たちにしたらおもちゃ欲しかったのかもしれないけど、おもちゃがすべてではないし、プレゼントはいろいろな形があっていい。

次男のワカサギ釣りのクーポンも最初は頭の中に「???」はてなマークがいっぱいだったようだけど、最終的にめっちゃ喜んでくれました。

なお、長男には大好きな宇宙兄弟の最新刊と図書カードを。

下の子たちにサンタさんの正体をばらさずにいてくれて感謝です。

プレゼントは工夫次第

「クリスマスくらいは子供たちの好きなものを買ってあげたい」という人も多いのは事実。

僕もそれは否定しませんし、それぞれの家で事情が違うのでいろいろな形があって良いと思っています。

今回クーポンをクリスマスプレゼントにするのは実は勇気がいりましたが、ちゃんと喜んでくれてホッとしています。

ただこのあと立て続けに子供の誕生日が来るのでまだまだ出費は続きそう。

頑張って稼がねば・・・(汗)

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村