ずくとら。ずくを出してトライする。
家庭菜園

プチてんとう虫農園の今後 ~ 売れる商品づくりをどうするか

突然はじまった農園ストーリー

一ヶ月前に突如としてはじまったプチてんとう虫農園。

あわせて読みたい
須坂市にかわいらしい農園が突如出現!みなさまご贔屓に。話は発作的に 「畑、借りられましたよ」 ちょこっとした雑談で畑一緒にやったら面白いねという話をしていたのですが、電話がきてもう畑...

現在代表ヤマザキ氏の努力のもと、地域の方々の協力もあって少しずつですが農園らしくなってきています。

1年めはとりあえずいろいろな作物を栽培しつつ土地に適したものを探していく計画。

雑草の伸びもかなり早く、苦労はしていますがとりあえずは順調に作物が育っています。


実は現在少しだけ手に入る桃やりんごを使ってジャムを作る計画も進行中。

いずれは販売サイトなども立ち上げ、一般販売もできればと考えています。

 

課題

いま一番悩んでいるのが他との差別化。

ターゲットをどの層にするか、そしてプチてんとう虫農園のアピールポイントはなにか。

農薬不使用の栽培をしてはいますが、それだけではパンチが弱い。

どうやって魅力を活かしつつ広くアピールしていくかに頭を悩ませています。

 

果樹や野菜が豊富なこの地域ではちょっとばかり「自然の中で育てました!」とか「農薬不使用で育てました!」とか言ってもたいして訴求力がないんですよね。

他と違った魅力はなんなのか。

いい部分はたくさんあると思いつつも自分たちの中でもまだどうやってマーケティング戦略をたてていけばいいか暗中模索の状態です。

 

これから販売サイトも立ち上げないといけないし、やることはたくさんある。

幸い栽培については協力者が複数いるのですがそれ以外の分野はまだまだなので協力者も探さないといけないですね。

 

先日行ったらすでにマスコットキャラクターができていました。

周りにスキルの高い人がたくさんいる環境というのはホント素晴らしい。

こちらももっとスピード感もってやっていかないといけませんね。

がんばろう。

 

よろしければTwitterのフォローもお願いします!  プチてんとう虫農園

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村